美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

テレビドラマの名脇役・和菓子処 【清野】名物どら焼き「パォン・デ・ロー」も@蒲田

1967年創業の街の和菓子屋さん
「和菓子処 清野 」(きよの)

「お母さんが子供達に安心して与えていただけるお菓子」というコンセプトのもとに、
素材にこだわった美味しい和菓子や、珍しいポルトガルの焼き菓子などがいただけます。

6月16日は和菓子の日という事で、かわいい紅白饅頭をおまけでいただきました🥰

蒲田駅からは徒歩8分くらいでしょうか。バス通りに面しています。

2020年、玉木宏さん主演のドラマ「極主夫道」に登場する和菓子を作られたとか。

最近では「正直不動産」山崎努さん扮する和菓子職人がつくる和菓子を担当されました。

私もドラマを見ていましたが、とても素敵な和菓子でしたよね。




小さな和菓子屋さんですが、名物もいろいろ。


「昔たまごのどら焼き」¥227

玉子は平飼有精卵。北海道の小麦粉と小豆、はちみつもたっぷり使って一枚一枚焼き上げた品だそうです。

買った時はまだほの温かかったのですぐに頂きました💕

皮はふっくら柔らかく、しっかりとした食べ応え。

小豆の食感が残るしっとりとした餡も美味しい。


蒲田温泉まんじゅう」¥130

なぜ温泉まんじゅうかというと、直ぐ近くに昭和12年創業の蒲田温泉があるからと思われます。

蒲田温泉HPより

沖縄県産の黒糖を100%使用。ねっとりとした皮にこし餡たっぷりの美味しいお饅頭。



季節の上生菓子 ¥350


長春花」¥350

苺餡はほんのり苺の香りと、時々感じる種?のプチプチ感がいいです✨


あじさい」


手土産に良さそうなのが銘菓「梅姫」¥227

その昔、蒲田の梅屋敷に実在した"梅姫" にちなみ、大田区の花である「梅」をかたどった欧風焼き菓子。


先代が長崎のカステラ職人だったこともあり、今の店主がポルトガルまで行って研鑚を重ねてカステラのルーツともいわれる「パォン・デ・ロー」を作られているそうです。

「パォン・デ・ロー」は作れる数が限られているため、予約制とのことです。
早い機会に是非たべてみたいと思いました。

なにせ福引で¥50当たりましたし🤭

6月19日の日曜日は父の日ですが、その日は定休日なので前日の土曜日、父の日にちなんで「感謝」の焼き印入りのどら焼きや温泉饅頭を販売されるそうです。

HPより
HPより

数に限りがあるので売り切れの場合はご容赦くださいとのことでした。

 お店情報  店名:和菓子処 清野
住所:東京都大田区蒲田本町1-7-5
アクセス:JR蒲田駅京急蒲田駅どちらからも徒歩8分 
     雑色駅からは徒歩12分くらいでしょうか
電話番号:03-3731-2320
営業時間:[月・火・木~土]10:00~19:30
     [祝]10:00~18:00
定休日:水曜日、日曜日、不定休(SNSにて告知)
参考URL:HP ツイッター インスタ

ランキングに参加しています。
ポチっとclickお願いします🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ    食べログ グルメブログランキング