美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

【梅花亭本店】歴史を感じる和菓子たち 元祖どら焼きと亜墨利加饅頭@新川・茅場町

茅場町駅 徒歩3分

どら焼き発祥の店と言われる和菓子店
「梅花亭 本店」

霊岸島交差点すぐそばで、「ジェットベーカー」さんのお隣です。

tomatonojikan.com


一見小さな町の和菓子屋さんのようですが、1850年(嘉永3年)創業というかなりの老舗。

神楽坂の梅花亭さんとは全く別のお店です。

創業者は生来の新しもの好きの上に無類の甘いもの好きで、西洋人が現代のパン釜のようなものを使い焼き菓子を作っているという長崎帰りの蘭学者の話をヒントに、大変苦労して釜で焼いた焼き菓子を作りました。


それがこの『亜墨利加饅頭』アメリカまんじゅう)です。¥180

なんで阿蘭陀饅頭(オランダまんじゅう)じゃないのかなと思ったら、ペリー来航のすぐあとに売り出されたからでした。黒船来航の大騒ぎに乗ずるとは、なかなかですねー。

白あんを薄皮で包み焼き、クルミがのっています。現在の栗饅頭の原型とも言われているそうです。





二代目は「銅鑼」の形を模して『銅鑼焼(ドラヤキ)』を創出したそうです。

こちらがその「どら焼き」¥240

現在の「どら焼き」は二枚の皮で餡を挟むものが一般的ですが、こちらのどら焼きは一枚の生地に餡を挟み込んで焼くそうです。

薄いです😄

皮はちょっとネットリと「阿闍梨餅」みたいな?違うかな。香ばしい皮に甘さ控えめな餡で、普通のどら焼きとは違った美味しさです。


他にも、昭和9年考案のぷっくり丸い「梅もなか」¥180


昭和二十六年、6代目考案
洋菓子の技術を活かした革新的銘菓

「佛蘭西饅頭」(フランスまんじゅう)¥180

メレンゲを使ったり、トッピングにオレンジピールとドライチェリーを使ったりと、当時としてはかなりハイカラな和菓子だったのでは。


時の外務大臣大隈重信公に、菓子の欧風化に抗して和菓子も進歩せよと命ぜられ創作したという
「みかさやま」¥270

うぐいす餡です。



「梅花亭」は、次々と時代に合ったヒット作を創作し、200年近く暖簾を守り続けてきた歴史あるお店でした。

今、こちらの本店は、大福や焼き団子、上生菓子などを毎日作っている感じの和菓子屋さんではなく、歴史を感じさせるこれらのお菓子を手土産に求めるお客様に対応しているかんじです。

ひとつひとつのお菓子を、職人さんがすべて手作りで仕上げていく事にこだわっているとか。


ここら辺は、今は新川という地名ですが、昔は霊岸島という地名でした。

霊岸島と言えば梅花亭」と言われていたそうで、そのうち「霊岸島焼き」なんて新作が登場するかもしれません😊


本店のほかに小伝馬店門前仲町深川店の2店舗があります。

深川不動尊仲見世にある深川店では、どら焼きが名物となり良く売れているそうです。


通販はHPから。
添加物などは使用していないため、賞味期限は製造日から4日だそうです。


 お店情報  店名:梅花亭本店
住所:東京都中央区新川2-1-4 ふるなビル 1F
アクセス:茅場町駅1番出口 徒歩3分
電話番号:03-3551-4660
営業時間:〔月~金〕9:00~17:00
     〔土〕9:00~15:00
定休日:日祝
参考URL:ホームページ


東京食べ歩きランキングに参加しています!
ポチっとclickしていただけると励みになります🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ