美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

【ハト屋パン店】曳舟のレトロなコッペパン専門店@墨田区京島・押上

墨田区 曳舟

「ハト屋 パン店」(はとや)

京成曳舟駅の「キラキラ橘商店街」にあるコッペパン専門店です。

レトロな看板がとてもキュートなパン屋さん。

「ポチもほしがるハト屋のパン」がキャッチフレーズです💕




老後資金で買い取り復活

1912年(大正元年)に創業
商店街で長く愛されてきたパン屋さんです。

2017年に二代目店主が突然亡くなり、跡を継ぐ人もなく雨風にさらされ、日に日に傷んでいくお店。

2019年に売りに出され、解体の危機を知った近所に住む会社員の女性、紙田和代さんが、これは自分が買い取るしかない!と決意されたとか。

紙田さんは「立て替えるのは簡単だが、地域らしさや文化、歴史を残すことも大切」と話されます。

建物の買収と店舗の改装や耐震補強にかかった1650万円は老後資金を充てたそうです。

お店に飾られていた東京新聞の記事です

紙田さんは大学院で都市政策を研究し、都市計画や密集市街地の整備を専門とする会社にお勤めで、パン作りは得意な友人に教わったりと独学だとか。

「腕がない分いい素材を使っています」と書いてありますが、いただいたコッペパンはとても美味しかったです。

開店当初は、パンの仕込みのため午前四時には起床。出勤前の午前六時半から八時半まで店に立つ生活でしたが、今はスタッフの方も見つかり営業時間も伸びました。


店内の様子

カウンター5席のみ

綺麗にリノベされていますが、どこか懐かしい雰囲気も残っていますね。

テレビの取材でしょうか、よく見ると志村けんさんが写っています。


入口付近に置かれているのは、大正時代から使われていたオーブンだそうです。
二代目店主が亡くなるまで、現役で毎日コッペパンを焼き続けていたというのも驚きです。

かなりの大きさですが一度に焼けるパンの量は少ないそうです。

店主が亡くなって、使い方を知る人もいないないそうで、今はオブジェとなっています。

トートバッグ

看板と同じレトロなイラストのトートバックが売っていました


マチありとマチなし ¥300

これはマチなし



コッペパンメニュー

一番人気はメロンコッペ。美味しそうですね。

惣菜パンメニュー

一番人気はローストビーフ

モーニングサービスは6:30~8:30まで

ご近所の方が通勤前に利用できる感じかな。

飲み物付きで¥350はありがたい。


商店街のお店とのコラボメニューも



いただいたもの

カレーホットドッグとコーヒー ¥450

人気NO.1はローストビーフだそうですが、今回はカレー味の炒めキャベツの入ったホットドッグをいただきました。

ホットドッグにカレー味の炒めキャベツは関西風なんだそうです。

けっこうな量挟まっていて、パリッと焼かれたフワフワのコッペパンに合いますね。

マスタードとケチャップ、プリッとしたソーセージ、これは美味しい。

フレンチトースト&アイス ¥650

こちらのお店では一番お高いメニューでしょうか。

ふわとろ。

ジャムもアイスも特別な物ではなさそうなのですが、なぜかとっても美味しく感じます✨


いただいている間も近所の方が何人も買いにいらして、近くにできるスーパーの話やお孫さんの話なんかをされていました。

押上駅からは徒歩15分くらいかかりますが、スカイツリーを見た後は、昭和の香り残る「下町人情キラキラ橘商店街」をぶらぶら散策するのも楽しいですね😊

店舗情報

店名:ハト屋 (ハトヤ
住所:東京都墨田区京島3-23-10
アクセス:京成曳舟駅徒歩8分
     小村井駅徒歩10分
     曳舟駅徒歩12分
     押上駅徒歩15分
墨田区内循環バス[北東部ルート]「下町人情キラキラ橘商店街入口」バス停下車徒歩2分

電話番号:03-4288-8918
営業時間:[月~木] 6:30~16:00(売り切れまで)
     [土・日]10:00~17:00(売り切れまで)
定休日:金曜日
参考URL: ツイッター
     インスタ

東京食べ歩きランキングに参加しています!
ポチっとclickしていただけると励みになります🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ