美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

西川口【滕記鉄鍋屯 】で迫力!の東北農家鍋を食べる

チャイナタウン化が進む西川口初訪。

駅西側は多数の中華料理店や各国料理店、

そして若干の風俗店ネオンで凄い事になっていました👀

微妙に読めない中国表記の看板が多くて街の本気度が伺える・・・。


西川口 西口徒歩2分
Google マップ


中国東北料理 滕記鉄鍋屯 (とうきてつなべとん)

こちらは以前タモリ俱楽部」で紹介された「滕記熟食坊 」さんの二号店になります。


派手に変色する大きな看板。
f:id:tomatonojikan:20201006122839j:plain


降りるのにちょっと勇気のいる階段。


地下の短い廊下の突き当り左にあります。

何らかの意図を感じさせる作りですが、大丈夫ですよ。




店内中国語で盛り上がるテーブルも散見され
まるで中国旅行気分です。





メニューが沢山あって載せきれないのですが幾つかピックしてみます。

豚の舌、大腿骨、頭肉、テール・・色々ありますね👀


鴨の頭は「タモリ俱楽部」で紹介されていましたが、
脳みそが美味しいらしいです。




とりあえず二品

燻製干し豆腐 380円 


牛ハチノスの辛口和え 880円

そんなに辛くはない。ハチノスの歯ごたえが良く美味しい。



そしてメインの鍋はおススメの「東北農家鍋」にしました。

中国の東北地方は寒く、鉄鍋屯(テッカトン)は超ローカルな郷土料理だそうです。


こんな大鍋がテーブルの真ん中に埋め込まれてます👀


そこに油と、大量のスペアリブ、インゲン、とうもろこし、かぼちゃを投入

ざっと炒めて、やかんのスープをどぼどぼっと注ぎます。


熱々に沸騰したところで、鍋肌にとうもろこし饅頭をバチン!バチン!と張り付けていきます。


動画で見ていただきたいのでツイッターを使ってみました。
大丈夫でしょうか・・・。



とうもろこし饅頭 焼きあがりました🙌


苦手な八角の味は少しだったので助かった。

日本人にも懐かしさを感じる温かな煮込み料理。

とうもろこしが、昔どこかで食べた事のあるネチョッとした品種。
これはこれで珍しく、美味しくいただきました。


テーブルの呼び出しボタンを押すと、中国語で呼び出しします。


カボチャが煮崩れそうなので先に引き上げました。
すごい量だ。

鍋は4・5人前で、残ったらタッパ(有料)に詰めてくれるそうです。

今回は無謀にも二人で挑戦。

自前のタッパを持参して全てお持ち帰りさせていただきました。


とにかく大鍋でグツグツと豪快で楽しい

メニューも珍しいものがまだまだあります。

大人数で行くのがいいかな😊

★★★++

ランキングに参加しています。
ポチっとclickしていただけると とてもうれしいです🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ ブログランキング・にほんブログ村へ   

✔ 「滕記鉄鍋屯 」
  埼玉県川口市西川口1-24-2 B1F
  048-258-8888