美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

たれなし餃子が美味しい!【永楽 】江戸川区小旅行・Part1

まだまだ遠くへ旅行に行く機会が持てない中、江戸川区PayPay30%キャンペーン縛りの小旅行に出かけてみました。

夫が前から行ってみたかった餃子屋さんがあるということで伺ったのが

たれなし餃子が人気の町中華
「永楽 」(えいらく)

この餃子がとっても美味しかったです!

満洲から帰国した初代店主が、満州の家庭料理と焼き餃子の味が忘れられずに1936年小岩村にて創業。
当時は焼き餃子が珍しく大変な評判だったとか。


看板メニューの「たれなし餃子」は、三代目が機械での大量生産はせず、手ごねで毎日つくられています。
餡は旨味を出すために2日間ねかせて熟成させるとか。

マツコ&有吉 かりそめ天国」や「モヤモヤ さまぁ~ず2」など、テレビでも何度か紹介されていているそうです。




京成小岩駅 徒歩7分
JR総武線小岩駅 徒歩12分

住宅地にある為 いかにも中華料理店の店構えは近隣の景観を損ねるためにしておりません。


という事ですが、趣あふれる店構え。

私はなんの予備知識もなかったので、くろねこニャンタン?状態でした。


店内は現在コロナ対策で減席され、カウンター4席、テーブルが2卓と広くはありません。

ここでくろねこの意味が分かりました。

童話「ルドルフとイッパイアッテナ」はここ北小岩が舞台だったんですね。

ルドルフとイッパイアッテナ斉藤洋 岐阜の田舎でリエちゃんに飼われていた黒猫ルドルフは、ひょんなことから長距離トラックの荷台で気絶。目が覚めた時には大都会北小岩の町に。
途方にくれるルドルフに現地の野良猫の親分が声をかけます。
ルドルフが親分に名前を尋ねると「自分は顔が広いからあちこちで違う名前がつけられている。おれの名前はいっぱいあってな……。」
黒猫ルドルフと文字の書けるトラ猫イッパイアッテナの織り成す素敵な物語がつづられています。


メニューは町中華らしく麺類・飯類たくさんあります。

「たれなし餃子食べ比べセット」
水餃子・スープ餃子・焼き餃子の3種が食べられる嬉しいセットです。
『各3個 合計9個セット ¥841』と
『各5個 合計15個セット ¥1402』がありました。

「水餃子」

大きめにカットされた野菜の歯ごたえがいいです。


「スープ餃子」

美味しいスープです。

「焼き餃子」

薄皮が好みなのですが、香ばしく焼かれたモッチリ皮もいいですねー。

確かに何もつけなくてもしっかりおいしい。野菜の甘さと肉汁にニンニクと黒コショウがきいていて、ほんとに美味しかった。


「タンメン」

シャキシャキの野菜と野菜の甘味を感じるスープ。
こちらも美味しかったです。

あんまり美味しかったので予定を変更して夜もまた来よう。
そして「焼き餃子」と「恋チャーハン」とこの「白ニラレバ炒め」をたのもう!
としましたが、混んでいて諦めました😣

今度はいつ来れるかな・・・。

ぐるなびで通販・お取り寄せが出来るようです。
たれなし餃子30個 税込 ※1日限定8セットのみ販売|創業昭和十一年 中華料理 永楽の通販・お取り寄せなら【ぐるすぐり】

Part2↓
tomatonojikan.com


 お店情報  店名:永楽
住所:東京都江戸川区北小岩5-16-2
電話番号:03-3657-7527
営業時間:ランチ 11:00~14:00  ディナー 17:30~22:30  
※スープ食材等売り切れの場合早終
定休日:毎週月曜・火曜日
参考URL:永楽 - たれなし餃子 永楽

ランキングに参加しています。
ポチっとclickお願いします🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ    食べログ グルメブログランキング