美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

真っ赤なパン!【ブーランジェリー・ジャンゴ 】@日本橋浜町

水天宮駅、浜町駅ともに徒歩6分くらいでしょうか。
人形町駅からも徒歩圏内です。

シェフのスペシャリテは真っ赤なビーツブレッド

ブーランジェリー・ジャンゴ」
(Boulangerie Django

日本橋浜町のお洒落なパン屋さんです。
小さなお店ですがバゲットからサンドイッチ、焼き菓子まで、パンの種類は沢山そろっています。


私は何年か前から、スーパーでビーツを見かけるたびにボルシチを作っています。
あの赤い色がめちゃめちゃ健康に良さそうじゃないですか。

最近は見かける頻度が上がってきて、最初は喜んでいた家族もちょっと食傷気味😅

そんな話をしていたら、友人が「凄いビーツのパンがあるよ!」と教えてくれました😊

元は江古田にあったお店で、この場所には2019年に移転してきました。

店名は伝説のジャズギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」からつけたそうです。
何年か前に映画にもなっていましたね。

ちなみに「ジャンゴ」とはジプシーの言葉で「目覚める」という意味だそうです。




「ビーツブレッド」¥480

ちょっとピンクに色付けしてみました💕というレベルではない。
皮ごとローストしたビーツを75%練りこんでいるそうで、もうめちゃめちゃ癖が強い。

パン自体は薄いクラストがパリパリで香ばしく、なかはしっとり柔らかで理想的なのですが、ビーツ感が半端ない。皮まで丸ごと使っているからもあるのでしょうか。

私にはちょっとビーツ感が強すぎた。

ビーツをもってビーツを制す。自家製ボルシチと合わせてみました。

焼いてバターを塗ってみましたが、ビーツの風味は衰えず😄

「ビーツのベーコンエピ」¥380

ビーツを練りこんだ生地で、ベーコンと玉ねぎを包んでいます。

このビーツ感は一度味わう価値ありかも😊


「アップルサイダードーナッツ」¥260


りんごジュースとジャムを練り込んだアメリカのドーナッツ

甘酸っぱいのかな、と想像しましたが、リンゴ感はそんなになかったです。

外側サクサクで美味しいドーナッツでした🥰
また食べたくなる素朴な味ですね。

エスカルゴモーン」¥350


けしの実(モーン)のペーストとクルミのデニッシュ

芥子の実が微かに渋くて味に深みが。
サクサクですがしつこくなくて、美味しい🥰

バゲットやデニッシュ、他にも美味しそうなパンが沢山あったので、是非また伺いたいパン屋さんです。

 お店情報  店名:ブーランジェリー・ジャンゴ
(Boulangerie Django
住所:東京都中央区日本橋浜町3-19-4
電話番号:03-5644-8722
営業時間:8:30~18:00
定休日:水曜日、木曜日
参考URL:HP インスタ


ランキングに参加しています。
ポチっとclickお願いします🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ    食べログ グルメブログランキング