美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

赤雲丹のソースがたまらない!つくばらーめん【鬼者語 】替玉必食!

「つくばらーめん 鬼者語 」-オニモノガタリ

こちらが替え玉(赤雲丹のソース)になります😊

園都市「つくば」はラーメン激戦区。

食べログでつくばラーメンランキングを見ると、百名店が3店、評価3.5以上が25店もあります👀

せっかくつくばへ行ったからには1食どこかで食べたいよねー
と足を伸ばして良かったです。美味しかった💕

最寄り駅「つくばエクスプレス万博記念公園駅」から約4.5km。徒歩で54分。
お店前に駐車場があります。

一瞬明るいテラス側から入るのかと思いましたが、こちらが入り口です。

なかなか渋いですね。黒沢映画のようです。

こちらのお店の系列店?には『芛堂寺』『論露に不二』『翁千歳三番叟』とあって、私は店名の意味や由来が気になるたちですが、よく分からなかったです💦

なぜ「鬼物語」ではなく「鬼者語」なのか。

因みに『芛堂寺』(イドウジ)は店主のお名前「伊堂寺」と花が咲き始める頃と言う意味 がある「芛」という漢字を組み合わせたモノだそうです。「伊堂寺」という姓もなかなか珍しい。

『論露に不二』(ろんろにふじ)は「論ずることは はかなく でも二つとない」という意味だそうです。

読み方も難しいですね。

『翁千歳三番叟』(オキナセンザイサンバソウ)は日本の古典芸能からとられたのでしょうか。




こちらが券売機

鶏と水?水と煮干?

そして本日の限定メニューはブラックボードに。

ジビエ

と、ここで予備知識ゼロの私は連れにすべて丸投げいたしました💦

連れが言うにはとにかく替え玉を食べなければならない!替え玉がmust!


「飴色玉葱蕎麦」麺半分+味玉

無化調ですよ。

もう、ここ10年、20年のラーメンの進化には驚くばかりです。

一昔前にこんなに美味しいスープにであったら涙が出ちゃう🤭

麺は全粒粉が入っていて、微妙なはごたえが美味しい。


そしてこちらが
「替玉③」赤雲丹のソース¥400

フレンチのような一皿が✨

ウニ好きにはたまらない!
濃厚でありながらしつこくない、まったりと平打ちちぢれ麺に絡む美味しいソース。
彩を添える柔らかな薄切りチャーシューと玉葱、そして揚げ葱💕

コシがある麺の感じがイタリアン。

このまま混ぜ混ぜして食べても美味しいので、随分と食べすすんでしまいましたが、最後はラーメンスープに混ぜていただきました。

こちらはシンプルな替え玉です¥200

替玉となっていますが、このまま食べて十分美味しいんですよね。


限定メニューはお店のツイッターでも毎日お知らせしてくれています。

「牡蠣とカルピスバター」とか、「鮟肝と車海老」とか「替玉ジェノベーゼ」とか、興味をそそられます。近くにあったら通いたくなる魅力的なお店でした。

 お店情報  店名:つくばらーめん 鬼者語
住所:茨城県つくば市榎戸685-5
電話番号:非公開
営業時間:11:00〜14:30 17:30~21:00(スープ無くなり次第終了)
定休日:毎週木曜日 定休日
予約:予約不可
参考URL:Twitter

ランキングに参加しています。
ポチっとclickお願いします🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ    食べログ グルメブログランキング