美味しいものを少しだけ

おいしいものが食べたいと 東京・神奈川中心に歩いてます。

ぼんご監修『おにぎり専門店こんが』蒲田店でふんわり大きなおむすび

大田区 京急蒲田駅 徒歩2分
「ぼんご監修 こんが 蒲田店 」

大塚の行列が凄いおにぎり専門店「ぼんご」が監修の姉妹店ということで、「ぼんご」のおかみさんの写真がでかい!

「ぼんご」の支店・姉妹店は

板橋に「ぼんご 板橋店」

護国寺に暖簾分けした「ぼんたぼんた 護国寺本店(旧店名ぼんご 弐)」

そっくりさんが
「米がおいしいおにぎり 戸越屋」「戸越屋 渋谷道玄坂店」などでしょうか。


「こんが」は2021年11月28日オープン

大塚のお店は遠いし並ぶしでなかなか行けないので、蒲田でいただけるのは嬉しい。



店名の由来は

大塚の「ぼんご」から来てるのでしょうね😊

「ぼんご」は初代店主がドラマーだった事から、キューバの打楽器「ボンゴ」のように、遠くに店名を響き渡らせたいという想いで命名されたとのことです。

左の大きいのが「コンガ」右の小さいのが「ボンゴ」です

アクセス

京急蒲田駅西口 徒歩2分 JRの蒲田駅からは8分くらいでしょうか。

店内の様子など

平日開店の5分前到着。
行列はなく一番乗りでした😄

カウンター6席

入り口入って左手にテイクアウト用の注文用紙などが置いてあるカウンターがありました。


メニューはこちらです


メニューの裏


売れ筋人気ランキング

56種類とうたっている「ぼんご」よりはかなり品数を絞っていますね。


11:00~14:00はお味噌汁が80円引き

15:00~21:00はおにぎり2点以上でたくわん2枚サービスだそうです。

注文したもの

「卵黄の醤油漬け+肉そぼろ」「筋子+鮭」+味噌汁

大きさが伝わるでしょうか。コンビニのおにぎりの倍くらいありそう。

この大きさと、三回軽く握ったらあとは海苔で包むだけのホロっと崩れるお米の食感、どこを食べても出て来る具の多さが特徴。

筋子は590円とお値段張るのですが、売れ筋ランキング一位の実力があります✨

お値段半分、筋子も半分でもいいんだけどな🤭

筋子美味しいですよ✨
美味しいけど量が多いからトッピングはいらなかったかな。


冷凍卵黄を4時間醤油に漬け込んだという卵黄はネットリとコクがあってしょっぱくて、ご飯に合います。

肉そぼろは人気ですが個人的にはもう少し甘さ控え目のほうが好きです。

「しそ昆布ハーフ」+「うめハーフ」+「おしんこ ミックス」



並べてみました。

ハーフでもコンビニのおにぎりよりちょっとだけ大きく感じます。

フワっと握っているからかもしれませんね。

食べきれずに「うめ」はお持ち帰りしてお家でいただきました。

シンプルな「うめ」がいい。



「ぼんご」さん閉店と移転

大塚の「ぼんご」はなんと2022/9/10、まさに本日をもって一時閉店だそうです。

今の場所から目と鼻の先、徒歩一分の場所に、2022/10/10オープンするそうです。


こちらは2年前に大塚の「ぼんご」でいただいたものです。

夫はその時も同じものを食べて同じ感想言ってたな🤭

私は「生たらこ」と「うにくらげ」

「ぼんご」さんの方が熱々だった気がする。

お店に漂う熱気、勢い、そんなものを「ぼんご」のおかみさんにあやかってさらに繁盛していってほしいです✨

店舗情報

店名:ぼんご監修 こんが 蒲田店
住所:東京都大田区蒲田4-18-27 エリア蒲田 101
アクセス:
電話番号:050-5571-1260
営業時間:ランチ 11:00~14:00
     ディナー15:00~21:00
※14:00~15:00にclauseするようなので注意
定休日:月曜日 ※月曜日が祝日の場合、翌営業日をお休み


東京食べ歩きランキングに参加しています!
ポチっとclickしていただけると励みになります🙇 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ